■プロフィール

甫杜口&藤辰

Author:甫杜口&藤辰
サークル【ゆにわ荘】 杜甫口

サークル【ゆにわ荘102号室】 藤辰

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
COMITIA110お疲れさまでした。
ゆにわ荘102号室、藤辰です。

本日はCOMITIA110、お疲れさまでした。

いやぁ、今日はいろいろと派手でしたね。
ファンファーレからフィナーレまで、生演奏は良い試みだったと思います。次の機会があるのなら、私もクラリネットでも持っていきたいものです。

さて、まずはお越し下さった皆様に感謝。
そしてこちらから挨拶しに行って、快くお話ししてくださった方にも感謝です。
前回のコミティアで知り合った方も何名か、こちらにお越し下さったようで本当にありがたいです。私が居ない時に来て下さった方には本当に申し訳ない。

さて、今回の新刊ですが、きっといつものことながら誤字脱字は大量にあると思います。そればかりは本当に申し訳ありません。特に今回は製作量がいつもの二倍だったため、きっと直って無い部分も二倍でしょう、うわあ、ヤバいごめん。
さらに作ってから気付いたんですけど、下巻の「!!」とか「!?」の修正が出来ていませんでした。内容に大きな問題は無いのですが、これも本当に申し訳ありません。

謝ってばかりですが、これに懲りず次回も新刊を用意するつもりですので、よろしくお願いいたします。

あと、本日手に入れた作品は、なるべく感想を送りたいと思います。大した感想も述べる事が出来ないと思いますが、よろしくお願いいたします。


さて次回ですが、2/8のサンクリは応募済みです。2/1のコミティアも参加するつもりです。
今年の活動は今日が最後でしたが、来年に向けて更に作品を作っていこうと思います。

それでは、今日はお疲れさまでした。


続きを読む >>
スポンサーサイト
参加記録 | 23:31:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
少女仙機譚~リトル・ブレイダー~
この作品は、2014年に出した作品です。

リトル・ブレイダー(上)
表紙のコピーweb
~あらすじ~
 少年は一人夜道を彷徨う。しかし世界は残酷で、少年はその闇に飲み込まれようとしていた。そんな時、彼は一人の女性に助けられる。そして彼女の下で、仙機術を学ぶことになった。
 数年後、成長した少年クルス・ハンマーシュミットはアムテリア軍営仙機術学園の第二学年に席を置いていた。一癖も二癖もある仲間と共に学ぶ最中、町では謎の連続通り魔事件が起きていた。ついには軍の関係者も襲われる事件となり、クルスも通り魔事件に巻き込まれてしまう。
 圧倒的な戦いの力を持つ通り魔。しかしその目的も正体も全てが不明。大きくなる事態に軍も対策本部を設立、それにクルスたち学生も組み込まれることになるのだが……。
 行方不明の父、余生の短い母、幼くして両親を亡くしている幼馴染。クルス自信自分のことで多くの問題を抱えている。しかし、未だ多くの問題を抱える世界は、クルス個人の些細な問題など関係無しに大きなうねりを帯びていくのであった。

『晴天のヴァルリッツァー』より半年前の事変。多くの登場人物の過去が、今明かされる。『少女仙機譚』新章、ついに開幕。


リトル・ブレイダー(中)
表紙中
~あらすじ~
 エミリアの記憶に残っていた少女。それは、彼女が幼いころに付き合いのあった孤児院に暮らすお姉さんであった。現代に昔と変わらない姿で現れた彼女の正体を明らかにするため、エミリアは記憶の少女『ハノン』が捕えられている研究室に急ぐ。
 一方、学園特区に併設される監視塔はアムテリア学園に無数の不自然な魔力が発生している事を検知した。すぐさま軍人や職員、学生に警戒を呼び掛けるのだが……。
 通り魔事件より徐々に大きくなっていく事件。それはついにアムテリア学園を、アムテリア軍を巻き込む紛争となって行く。
 慣れないチーム戦に挑む森野。
 同じ召喚術師と対峙するレテル。
 コルダに一騎打ちを挑まれるヤマノ。
 ハノンとの再会は戦いに彩られたエミリア。
 褐色の謎の戦士と戦うこととなるマイ。

 そして……
 ついに再会するクルスとその父、クライネ。悲しみに包まれる再会に、ユーナだけは冷静に仙
機術を行使するのであった。
 
待望の中編。物語は更に混沌と状況を進める。


リトル・ブレイダー(下)
表紙下
~あらすじ~
 攫われたエミリアとユーナ。クルスはそれを追って敵の本拠地に辿り着く。だがそれは、クライネがアムテリア軍を誘い出す用意周到な罠であった。
 全軍をかけてクライネを、旧文明の遺産の停止を狙うトヤマ提督だが、クライネはそれすらも計算し事に当たる。今、アムテリア差異大規模の危機が訪れる事になるのだ。
 残された戦力で事に当たることとなったアムテリア学園は、ユーナの残した打開策をたよりに森野とレテル、マイを敵本拠地に潜入させることとなる。だが、学園の戦力を全て送り込む前に敵の妨害にあってしまい……。
 そして……クルスはついに父との最終決戦に臨む。圧倒的な戦力差の中苦戦を強いられるクルス。全ては師に託された力を頼りに、クルスは起死回生の一撃を狙う。

 今明かされるクライネの目的。そして、彼の手に入れた旧文明の遺産『生命計画』とは……。
 戦いの中クルスは悩み迷い、そして一つの答えに辿り着く。その時、彼の振る小さな刃は何を得るのか……。

 堂々の完結編。今ここに刊行!!
 

作品情報(藤辰) | 00:52:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
コミティア110参加します。
こんにちは、ゆにわ荘102号室の藤辰です。

コミティア110、予定通りに参加します。スペースは『そ15a』
私個人としては今年最後のイベントですので、少しばかりいろいろと冒険する事になりそうです。
というのも、零識松氏と合体サークルという形での参加です。
……いやまあ、彼の作品は何度もうちのスペースで置いていたのですが、この度本の冊数が限界値に達してしまい……。
本を置くスペース確保という意味でも、合体サークルとして出店する事になったのですが……。

さらに間に挟まる形でれっとあんばー氏も作品を展示する事になるでしょう。
また壮絶な文庫祭りになるであろう当サークルスペース。もはや……仕方が無い事なのでしょう。



さて、とりあえず本番まで二週間。未だ現物の本が完成していませんが、なんとかギリギリ予定で製作を進めています。
そもそもうちは文庫本とは言えコピー本です。いざとなれば前日に徹夜で作ればなんとかなる!!
……まあ、ボンド乾く時間は操作できないので、ある程度の時間はやっぱり必要なんですけどね。

ただまあ、現物なくとも本文は完成していますし(修正は必要)、表紙は本日完成しましたので、せめて表紙を公開しようと思います。
今回こそ予定通り、「リトル・ブレイダー(下)」です!!

表紙下
はい、こんな感じです。
クルス君とエミリアさんが今回も表紙ですが、上巻比べると視点が逆になっています。
↓比べるとこんな感じ↓
表紙下 表紙のコピーweb

この作品も長い付き合いとなっていました。というのもこの作品、プロット書いたのが3年以上前なんですよね。
いろいろあって書きたかったのが先送りになっていて、そして今回この作品の完成に至ることとなりました。
いや、良かったです。一時は、一生完成に至れないのではないだろうかと思ったほどです。
それに三年以上前に作ったプロット。荒削りなところもありますし、これを世の中に作りだす意味は果たしてあるのかと、何度も考え込みました。
ですが、あの頃の自分にも決着をつけたかったですし、何よりもこの作品で登場させたキャラクターはそれなりに思い入れもありました。とりあえず今年中に完成させる事を心に誓い、ここまでやってこれました。ゴールが見えてきた今、感無量とも言えましょう。

ところで昔のプロットです。流石にそのまま使って書くことはありませんでした。
いや、初めはそのまま使って書いていたのですが……やはり三年前のプロット。荒削りなところが多く見受けられました。
故に、プロット通りに話が進まない進まない。大まかな話の流れはそれを使いましたが……やはり、追記も追加要素もバンバン出てきてしまいました。
終わりの見えない文章の増大。それはどんどんどんどん膨れ上がり、当初の予定の文字数をすぐに飛び越えました。
このままではまずい、なんとかして話をまとめて文字数を制御しなくては。
無駄なシーンはなるべく数行で済ませる勢いで、なんとかせめて300Pくらいにまとまるように作るんだ……。
そんな制限も加わり、私はカリカリカリカリ本文を書きすすめて行ったのです。









うん、無理だった♪
表紙中


三冊になりました。ごめんなさい、三部作になりましたorz
そんなわけで新刊2冊です。中と下の二冊です。


誰が買うんだあああああああああああああああああああああああああああああ!!


……というか、誰がこんな長ったらしい作品読むんだよorz



とりあえず、出来てしまったモノは仕方がありません。
ですが、当初の予定では下巻にまとまる内容でした。
なので今回のイベントでは、『新刊価格、2冊セットで500円』にしようと思います。
一応、その後の通常価格は中巻下巻どちらとも400円で配布予定です。

……どうせ売れねえ、そんなに刷るのやめるかorz

まあそこらは検討すると言った感じで。

コミティア110、今回もよろしくお願いいたします~。



参加予定 | 18:38:17 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。